プロフィール

日暮茶坊

Author:日暮茶坊
よろず物書き。
ゲームシナリオ/小説/脚本
……etc、雑多にやっております。

仕事履歴など詳細は公式HPにて。
『鶏茶屋』
http://www.higurashichabo.com/

お仕事のご依頼は下記まで。
chabo-hig@runandgun.co.jp
(@を半角に変換してください)

株式会社ランアンドガンに所属しています。
http://www.runandgun.co.jp/

Twitterはじめました。@chabohig

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

鶏茶屋blog
へっぽこ物書き日暮茶坊のつれづれblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らぶChu☆Chu!連載スタート!
すっかり更新するのを忘れていて、「どうやれば書き込めるのか」を思い出すのに
三分かかった日暮茶坊です。嘘ですもうちょっとかかりました。
「管理画面」をクリック。よし、ここにメモしておけば次は大丈夫。

そんなわけでお仕事情報なんですが、5pbさんから好評発売中の
『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』のコミック版がコミッククリアさんで連載開始!

今回はコミック版の原作者という形で参加させて頂いてます。
作画はGUNPさんこと杜講一郎さん×佐倉乎美さん。
公式サイト GUNP.JP

第一話は以前、夏コミで配布されたプレ版を改稿したものになっています。
導入部分なのでわりと原作準拠でやってるんですが、今後はもっと色々えろえろやっていく予定です。
だって林さんが良いって言ったんだもん(笑)。

そんなわけで、よろしくお願いします!

スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

まだこんなことやってるのか
嫌われ者アンケ 元担任ら謝罪
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1258304&media_id=2

未だに覚えている、小学校2年の時の朝の会。
プリントが配られて、そこには好きな人と嫌いな人の名前をひとりづつ書くようにとあった。

「先生がみんなのことを良く知りたいだけで、絶対誰にも言わないからね」

嫌いな人の所に誰を書いたかは覚えていない。空欄か、もしくはクラスのいじめっ子みたいな奴だったかもしれない。

問題は好きな人のところ。

先生を信頼していた自分は、隣の席のNちゃんの名前を書いた。
Nちゃんは明るくて優しい女の子で、図書館の本をどちらが多く読んだかを競っていた。
それが恋だったのかどうかはわからないけれど……。

そして帰りの会。
先生がいきなりとんでもないことを言い出した。

「それでは、朝書いてもらった好きな人・嫌いな人を発表します」

――。

色 々 終 了 の お 知 ら せ !

ちなみに他のクラスメイトは、普通に同性の友達書いてましたよ、ええ。
異性を書いたのは確か俺と女の子でもうひとりかふたり。
なんというかもう! ふざけんな! っていうかむしろ今になってみるとむしろNちゃんゴメン!(涙)

まぁ、俺のは今となっては笑い話なんですが、嫌いな人の方に票がたくさん入ってた人の方はひどすぎたよ。公開処刑かと。
「俺が悪かったよ! みんなゴメン!」
――ないない。熱血教師ドラマでもありえない。気持ち悪い。
100人にひとりぐらいは効果があるかもしれないけれど、それ以上に傷つく子の方が圧倒的だろう。隣のクラスの委員長が円形脱毛症になってしまったのも、これが原因じゃなかったっけ?

本当に何を考えてこんなことを続けてるんだろうか。理解に苦しむ。
現場だけでなく、教員養成課程から変えていかないと無理なんだろうなぁ……。


テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

メモオフ7
ちょっと前に発表になってましたね、メモオフ7。

■メモリーズオフ7 ゆびきりの記憶
http://memoriesoff.jp/yubikiri/


キャラデザも一新されて、これはこれでまた良い雰囲気なんじゃないでしょうか。

と、ちょっと聞かれたので一応答えておくと、今回の制作に関して自分はノータッチです。
というか、どなたかが書かれているかとかも詳細を知りませんのであしからず。
色々とまた、新しいことをしようとしているという噂だけは聞いてますが(笑)。

さてと、自分も何か新しい企画出しますか――。

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

3Dテレビ
秋葉原のヨドバシカメラの前を通りかかったら、3D VIERAの体験会をやっていたので見てきましたよ。
3Dの方式にはいくつかあるんですが、これはフレームシーケンシャルというタイプ。
左右の目に見える映像をそれぞれ高速で切り替えて、そのズレで3D化してるみたいです。
そのため、シャッターの付いた専用の3Dメガネをかける必要があり、
ここから発信される赤外線をテレビ側で検知し、最適化しているとのこと。

――ええと、なんだかよくわからない感じですが、
とにかく自宅で綺麗な3D映像が見られるぜ!ということで。

んで、実際にデモ用の映像を見てみた感想なんですが、これはすごい
確かな奥行きと、詳細感。
ソフトにもよるんでしょうが、デモ映像ということもあってかなりの立体感が出てました。
カヌーに乗った一人称視点の場面があるんですが、
飛び出してきた水飛沫を思わずよけようと身体が動くほど(笑)。

ただ、問題がないわけでもなく。
まずは何と言ってもメガネ。自分のような眼鏡者にとってはメガネonメガネになってしまうので、
鬱陶しい上に適切なポジションを保持するのが結構大変。
それでいて、少しズレるとちらついたりするのも問題。
あと、やっぱり見ているだけで結構目が疲れるんですよね。
五分ぐらいのデモでもそう感じたので、果たしてこれで二時間の映画とかに耐えられるのかなぁと。

まぁ、一番の問題は
テレビが40万、メガネが1.2万、対応プレイヤーが15万もすることなんですけどね_| ̄|〇

とはいえ、単純に飛び出して見えるのは楽しいので、一度体験してみることをオススメします。
十年後ぐらいにはメガネなしで当たり前の時代になってるといいなぁ。

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

torne
たまたまamazonを見ていたら、torneが入荷されていたので購入。
二日ほどして届いたので、さっそくセッティングしてみました。
接続は簡単で、同梱のアンテナケーブルを繋いで、PS3とはUSBケーブルで繋ぐだけ。
あとはPS3にソフトをインストールして完了! さっそくテレビを付けてみると……。
おお! 映った!(当然) 素晴らしい地デジ画質!


そう、実はウチ、まだ地デジ対応のチューナーなかったんですよね。
少し前にテレビが壊れたので買い換えようと思ってたんですが、
引っ越しに合わせるつもりでずるずると……。

ちなみに噂には聞いていたんですが、torneの操作性は本当に快適。
普通のHDDレコなどではメニュー開くにも微妙なウェイトがかかったりするんですが、
まさにゲームのオプション画面開く感覚で遅延などは感じられません。
拡大縮小もスムースで、検索も楽々。
録画した番組のPSPへの書き出しも、USBケーブルで繋ぐだけで超簡単(書き出し時間は再生の約1/2)。
これがW録とBSに対応したら無敵すぎる……!

もちろん、安価で手軽さ重視ということで、機能的な制限はかなりあります。
編集操作(CMカットやチャプター作成)は何も出来ないし、Blu-rayへの書き出しも不可。
「見たら消す」以外の使い方をしたい人は、普通のレコーダー買った方がいいかと。

とはいえ、自分のような一度見た番組は消去→映画などはソフトで購入orレンタルという人には、
かなりオススメ。

こんなの学生時代にあったらマジックアイテム扱いだな……。

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。