プロフィール

日暮茶坊

Author:日暮茶坊
よろず物書き。
ゲームシナリオ/小説/脚本
……etc、雑多にやっております。

仕事履歴など詳細は公式HPにて。
『鶏茶屋』
http://www.higurashichabo.com/

お仕事のご依頼は下記まで。
chabo-hig@runandgun.co.jp
(@を半角に変換してください)

株式会社ランアンドガンに所属しています。
http://www.runandgun.co.jp/

Twitterはじめました。@chabohig

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

鶏茶屋blog
へっぽこ物書き日暮茶坊のつれづれblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FFXIIIについてちょっと考えてみた その2
そんなこんなで噂の11章まで辿り着きました!

おお! 確かに世界が開けた! フィールドマップがあるよ!!

……でも、やることはフィールドにあるポイントでミッションを受けて、その目標の敵を倒すという作業。
目標の敵はマップ上に★で表示されるんで、
そこめがけて走る→倒す→新しいミッションを受ける→走る→倒す→ミッション受ける→……。

確かに今までの章とはゲーム性が変わるんだけど、これが楽しいかと言われると疑問なわけで。
しかもこのミッション、本筋に何の関係もない……。
確かシ骸になっちゃうから、急いで解決法を探さなくちゃとか言ってなかったっけ?

と、ツッコミつつもしばらく遊んでいたのは、ここで初めてキャラを成長させる楽しみが出来てきたから。
敵が多いのと経験値のポイント効率が高いので、結構まとめて上げられるんですね。
(注:今作にはキャラ個別のレベルはなく、各スキルに手動で割り振っていく形)

そしてここから物語は佳境へ……! たぶん。きっと。おそらく。だといいよね……。

つーか、13章構成で話が動くの遅すぎるよね……といった所で続く。

次回はシステム面を含め、どうしてこうなったとか、その辺を。
仕事としてゲームを作る際のディレクションの重要性とか、そんな感じで。
スポンサーサイト

テーマ:FF13 ファイナルファンタジー13 について - ジャンル:ゲーム

FFXIIIについてちょっと考えてみた
昨年末に発売された、PS3の和製超大作RPGであらせられる所のFFXIII
ところがこいつの評判が芳しくありません。たぶん150万本も売れてるのに。
実際に遊んでみた自分も、やはり同感としか言いようがない。
PS3で初めて買ったゲームだというのに……(それまでBD専用機)
このコレジャナイ感は何なのか。その辺をちょっと考えてみようかと。

まぁ、たぶん既に色々な所で同じようなことは語られてると思うので、
あくまでゲーム業界と物語作成に片足突っ込んだただのゲーム好きの戯れ言、ということでひとつ。
……と予防線を張っておきたいw
ちなみに業界と言っても、スクエニさんとはほとんどお付き合いありません。
知り合いがノベライズ書いてたり、昔々ガンガンでゲーム紹介ページ書いてたぐらいかw

一応先に言っておくと、自分のFF歴は9を除くナンバリングタイトルは全部。
というか、なんで9やらなかったんだっけ? 多分、仕事でそれどころじゃなかったんだとは思うけど……PSPで配信されたらやってみよう。
あと、11もほとんどやってません。アレは固定の時間を奪われすぎるので、一般的な社会人生活を行ってる人間にはかなり厳しい。やっぱりゲームは自分の好きな時間に出来て、好きな時にやめられるぐらいがいいと思うのですよ。

話が逸れました。FFXIII。
ちなみにローマ数字は機種依存文字なので、半角の「X」と「I」を組み合わせて使いましょう。ネット上でのマナーでもあり、出版業界でのお約束でもあります。

また話が逸れました。今度こそFFXIII。
まず起動して遊んでみて、数時間経って感じたことは

俺、○ボタン連打以外何もしてないw


でした。
実際、遊んでみた人はわかると思うんですが、13章構成のウチ4~5章ぐらいまで本当にそれしかないのですよ。
各所で話題になっているとおり、フィールドというかダンジョン(?)マップはほぼ一本道。
脇道があっても、一瞬で行き止まりで敵がいるか宝箱があるだけ。
それをムービー7:戦闘3ぐらいで繋いでいる印象なんですね。
誰かがレールプレイングゲームだなんて言ってましたが、まさしくその通り。

戦闘もウリであるオプティマチェンジ(AIの作戦決め)が楽しくなってくるのは中盤以降で、序盤は何もすることがない。
映画的に作ろうとしてるのはわかるけど、ひたすらテンポの悪い物語といい、これはキツイ。パルスのファルシのルシはパージって何語ですか?(これは後述したい)

そんなわけで、早くも投げ出しそうになったのですが、あちこちからこんな噂が流れはじめます。

11章以降は神!
世界が開ける!!

……んじゃま、もうちょっと頑張ってみますかね。

もう少し突っ込んだ話を書きたいのですが、長くなりそうなので続く。

ファイナルファンタジーXIIIファイナルファンタジーXIII
(2009/12/17)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

ファイナルファンタジーXIII オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)ファイナルファンタジーXIII オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)
(2010/01/27)
(ゲーム・ミュージック)浜渦正志(音楽)

商品詳細を見る

テーマ:FF13 ファイナルファンタジー13 について - ジャンル:ゲーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。